【今なら「PayPay」で!】お酒が2割以上安く買えます(広告ではありません)

 最近、CMなどで話題になっている「PayPay(ペイペイ)」。ソフトバンクグループが提供する新しいスマホ決済サービスですが、現在のキャンペーンで日本酒も、お店の正価から実質2割以上で購入できるだけに、年末年始の自分用やギフト用に利用しないテはありません!
 目下、行われているのは、その名も「100億円あげちゃうキャンペーン」で、PayPayを使って決済すれば、総額100億円までは利用額の20%を翌月10日に還元するというもの。
 採用している大手家電量販店では週末に行列ができ、システムが一時中断する騒ぎがありましたが、例えばビックカメラの主な店舗には子会社のビック酒販が運営するお酒コーナーがあります。
 PayPayでお酒を購入すれば、20%のポイント(1ポイント=1円)が戻るうえ、同店のポイント、さらにはクレジットにすればカード会社のポイントも付与されるのです。
 「いや、大型店では一般的なお酒はあるのかもしれないけど…」と銘柄にこだわる呑兵衛諸氏もいるでしょうが、PayPayを採用している店舗であれば、地元の酒販店でもその恩恵が受けられるので、要チェックです。
例えば、東京都葛飾区金町では、金町駅南口、「雁木」「水尾」などこだわりの銘柄を置く「松葉屋酒店」、北口ならワインも充実している「酒ヤマニ」で採用しています。
 PayPayを利用するにはスマホでアプリをダウンロードして登録します。お金を入金するか、クレジット払いにするかのどちらか。店舗のチェックはアプリのマップ上で検索できます。
さらには、数十口に1回、全額バックなんても…。決して宣伝・広告ではありません。利用総額が100億円に達するまでは、実にお得なんです。 そうでなくても、お酒を飲みたくなる季節。これを機会に普段は手が出にくいようなお酒にもトライしてはいかがでしょうか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です