【美酒478と美食15の饗宴!! さあ、至高のペアリングを見つけよう!(11・7、東京・五反田)】


 ハワイ、ニューヨーク、そして今年が初開催のロンドンと、世界を駆け巡って日本酒の魅力を振りまいてきた世界的な利き酒イベント「JOY OF SAKE TOKYO(ジョイ・オブ・サケ・トウキョウ)」が今年も東京に帰ってくる。
 毎年ホノルルで行われる「全米日本酒歓評会」に出品された日本酒を一般に公開するこのイベント、最大の特徴は大吟醸を中心に478銘柄という圧倒的な数の日本酒を自由に利き酒しながら、日本国内の有名料理店が提供する多彩な料理15品とのペアリングを思い思いに味わい、楽しめることだ。


 横浜中華街の老舗「重慶飯店」、メディアでも活躍する笹島保弘シェフの イタリア料理店「IL GHIOTTONE」などが趣向を凝らして考案した日本 酒に合うアペタイザーだけに、事前にイベントHPでじっくりチェックしておきたい。
また、2018年ミス日本酒(2018 Miss SAKE)の須藤亜紗実さんをはじめ、各県代表のミス日本酒も応援にかけつけ、実に華やかな雰囲気。まさに紳士&淑女の日本酒イベントといえる・


◆「JOY OF SAKE TOKYO」開催概要◆
【主催】NPO法人ジョイ・オブ・サケ
【日時】11月7日(水)午後6:00~午後9:00
【会場】東京・五反田TOCビル 13階特別ホール(東京都品川区西五反田 7-22-17)
【入場料】¥8,500(当日券:¥9,500)
【購入方法】ジョイ・オブ・サケ ホームページ(www.joyofsake.jp)、Pass Market、チケットペイ、CNプレイガイド、イープラス、チケットぴあ(Pコード 640-298)、 セブンチケット(セブンコード:068-914)
【参加レストラン】重慶飯店、IL GHIOTTONE、Restaurant Kazu、Beast Kitchen、赤星とくまがい、 スパイスバル コザブロ、薫風、すずや、地酒遊楽 裏や、Bricca、旬魚旬菜 まかないや、 蕎酒季菜 玄武庵、SAKE story、かくれん穂゛、BEEF KITCHEN STAND
【URL】 http://www.joyofsake.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です