【お得な共通チケットで静岡と千葉のお酒を味わい尽くそう!(9・9、東京・有楽町)】


 9月に入ると各県の酒造組合が主催する大規模な日本酒イベントが続々と開催されるが、その幕開け的なイベントが9月第2週の日曜に同じ“会場”でダブル開催される。
 会場は日本酒イベントの聖地(開催頻度が高いという意味で)、有楽町駅前の東京交通会館12F。まず、14時からは恒例の「静岡県地酒まつり in Tokyo 2018」。
 新潟の淡麗辛口とも、流行りの華やか系の味わいとも一線を画した、静岡酵母で醸した食事に寄り添う味わい。県内15蔵の大吟醸、純米大吟醸をはじめとする名酒、約80種類を地元のおつまみとともに堪能できる。
 静岡イベントの終了と同時に、同じフロアの反対側で開催されるのは「千葉の酒フェスタ」。例年は千葉・幕張メッセで年に一度の大試飲会を開催していたが、今年は東京に“殴り込み”。県内19蔵が地酒150種類以上を持ち込むのだ。
 「ちばの酒 購入チケット」(500円分)とミニきき猪口付きで、アンケートに協力した先着300人には300mlのお酒も1本プレゼント。ミス日本酒千葉県代表も来場する。
 どっちに行くか迷ってしまう人にドンとお勧めなのは、お得な共通チケット! どうせなら両県のお酒を味わい尽くそうではありませんか。他ではできないチャンスです!

【日時】 9月9日(日)
☆静岡 14時~16時30分(受付開始13時半、開場予定13時50分)
☆千葉 16時30分~18時30分(受付開始16時15分)

【会場】 東京交通会館(東京都千代田区有楽町2-10-1、代表電話03-3212-2931)
☆静岡 12Fダイヤモンドホール
☆千葉 12Fカトレアサロン

【入場料】
☆静岡 前売券のみ2,500円(eプラスで販売)
☆千葉 前売券2,500円(eプラスで販売)、当日券3,500円(会場で販売)
☆共通チケット 4,500円(eプラスで販売)

【参加蔵(予定)】
☆静岡=萩錦/君盃/喜平/臥龍梅/正雪/英君/初亀/杉錦/磯自慢/志太泉/若竹/開運/花の舞/富士錦/白隠正宗の酒 ※静岡県のおつまみ、静岡漆器
☆千葉=甲子/長命泉/旭鶴/峯の精/福祝/飛鶴/東魁盛/聖泉/寿萬亀/稲花正宗/腰古井/鳴海/木戸泉/岩の井/舞桜/総乃寒菊/東薫/不動・仁勇/勝鹿 ※醗酵の里こうざき道の駅/青柳食品

【主催】
☆静岡 静岡県酒造組合静酉会
☆千葉 千葉県酒造組合

【問い合わせ】
☆静岡 電話054-255-3082
☆千葉 電話043-222-0686

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です