イベントが投稿できない不具合が発生しました(復旧済)

2017/05/27〜2017/05/28にかけて、システム障害により一部環境においてイベント情報が投稿できない不具合が発生していました。現在は復旧しております。

ご利用の皆様におかれましてはご不便ご面倒をおかけして大変申し訳ございません。

これからもワインカレンダーをよろしくお願い申し上げます。

 

【絶賛開催中!】「アペリティフin 東京 2017」(東京・代官山)

フランスの豊かな食文化と人生を楽しむArt de Vivre(ライフスタイル)を体験しようと、21日(日)まで東京・代官山で「アペリティフin 東京 2017」が開催されています!

メインイベントは「フランスの食文化の素晴らしさを伝える著名シェフにょるアミューズの饗宴」。散歩がてらに、フランスの飲食文化の素晴らしさを気軽に味わってみましょう!

 

【日時】 年5 月20 日(土)・21 日(日) 11:00~19:00

【場所】 代官山HILLSIDE TERRACE(東京都渋谷区猿楽町18-8)

【入場無料】 飲食はキャッシュ・オン・デリバリー(フードは500 円~)

 

【参加シェフ一覧とアミューズ】

☆島田進(パティシエ・シマ) 日本のフランス菓子界をリードし続けるトップパティシエの一人 *グジエール、ガレット・フロマージュ、プティ・キシュ・ロレーヌ、アリメット・フロマージュ

☆アンドレ・パッション(レストラン・パッション) 大阪万博開催時に来日。代官山で30 年以上の歴史を刻むレストランのオーナーシェフ *ポークリエットのボンボン

☆福田順彦(セルリアンタワー東急ホテル) 開業時より同ホテルの総料理長を務め、同ホテルの料理を総合的にプロデュース *パテ・オン・クルート

☆吉野 建(レストラン タテル ヨシノ) パリ「ステラ マリス」から東京「タテル ヨシノ」へ、華麗な料理を生み出す達人 *牛肉と野菜のゼリー寄せ

☆小山裕久(青柳) フランスを中心に長年日本料理の普及活動を展開。仏農事功労章オフィシエ受章唯一の日本料理料理人 *トマトすき焼き

☆ドミニク・コルビ(Maison de MINAMI) トゥールダルジャン東京のエグゼクティブシェフなどを務め、現在はメゾン・ド・ミナミ/シュヴァリエ・デュ・ヴァン総料理長 *豚バラ肉の低温調理,旬の野菜添え

☆吉田菊次郎(ブールミッシュ) 数々の国際的な賞を受賞している日本の

フランス菓子界の草分け的パティシエ *クレープシュゼット

☆フレデリック・マドレーヌ(Le Pommier) 「ダロワイヨ・ジャポン」のシェフパティシエとして来日、2005 年に自らの店「ル・ポミエ」をオープン *フレンチトースト、赤いフルーツのコンポート

☆河野 透(レストラン モナリザ) フランスなど屈指の有名店でキャリアを積み、恵比寿本店が20 周年を迎えたレストラン モナリザのオーナーシェフ *魚のリエット入りグジエールのスワン仕立て

☆脇屋友詞(Wakiya一笑美茶樓) 上海料理をベースに繊細な味わいの美しい料理で知られ、東京、横浜に4店舗を展開 *Wakiya 特製XO ジャンたっぷりメンチドック

☆藤森二郎(ビゴ東京) フィリップ・ビゴ氏のもとフィリップ・ビゴ氏のもとでパン作りを学び、のれん分けを認められ独立。フランスパンの美味しさを広めたいと、長年にわたって活動 *バゲット、パン・ド・ロデヴ、パン・オ・ルヴァン、クロワッサン、ショソン・ポム

 

【第3回クローネンブルグ杯 ギャルソンレース】

例年大盛況のギャルソンレース。1930年代からパリの名物となっていた、プロのウェイター(ギャルソン)たちが素早さとバランス感覚を競い合う 21日(日)14時~(予定)

 

【セミナー】

☆「アペリティフを愉しむテーブルアート」 20日(土)13:00~14:00

☆「世界一のメートルドテルが語る、アペリティフに始まるおもてなし術」 20日(土)14:30~15:30

☆「世界一のメートルドテルが教える人心掌握術」 20日(土)16:00~17:00

☆「アロマとヨガのトータルビューティレッスン」 21日(日)11:30~12:15、月21日(日) 12:30~13:15

☆「フランスの食とArt de Vivre – 軽やかで贅沢に、時間を楽しむ」 21日(日)14:00~15:00

☆「フランスの食とArt de Vivre – アペリティフで広がる空間の楽しみ」 21日(日)15:30~16:30

☆「フランスの食とArt de Vivre – アペリティフで深めるアートの楽しみ」 21日(日)17:00~18:00

※申込み、詳細はhttp://www.aperitifjapon.com/tokyo_details.html#REE

 

【期間限定カフェCAFE ART DECO~ILE DE FRANCE~】

20世紀前半の船の食堂をイメージ。カフェ内ではエレガントな空間で、フランスのエスプリあふれるILE DE FRANCEのチーズが楽しめる

20日(土)11時~17時、21日(日)11時~19時。コンテンツ•ILE DE FRANCEチーズプラトー&ワインの販売/日本チーズアートフロマジェ協会 理事 村瀬美幸さんによるチーズ/プラトーデモンストレーション/チャールストン・ダンスステージ/音楽ライブ(ジャズミュージック)/マジック・ショー/特設フォトブース&フォト・プリントサービス

 

【お勧め 5・3~】今、3千円クラスのワインをネット購入しようという人に‼

GWも後半に突入、ネットで何か3,000円クラスのワインを購入してみようかなぁと考えている人、こんなテもあります。エノテカが本日からスタートした人気企画 「トレジャーハンティング」。

ワインを1口(=1本)3,000円(税別)で購入するのですが、何が当たる(=届く)かはわかりません。ただ、特賞から6等まで用意され、6等でもエノテカのショップで3,000円以上で販売されているワインが当たる(=届く)のです。いわゆるハズレなしの”宝くじ”!?

しかも、特賞は2013年 オーパス・ワン、通常価格 46,000 円 (税別)、1等が2008年シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド、通常価格22,000円(同)と2013年サッシカイア、通常価格19,000円(同)など、普段が手が出ない高級ワインを始め、5等まで泡白赤を全25種類のいずれかが当たります(=届きます)。

時々、エノテカ各店舗でも開催している企画ですが、ネットでは今なら7日までクラブエノテカポイントアップキャンペーン中。興味がある方は、まずはネットでチェックしてみましょう!

https://www.enoteca.co.jp/item/detail/DMYTRS1705?&utm_source=EO&utm_medium=mail&utm_campaign=DMYTRS1705

 

お得にスペインワインを味わおう!(5・15 東京・八芳園)

スペイン産のワインといえば、リーズナブルで美味しいことから、近年、お隣のワイン王国、フランスでも大人気。フランスの生産者が怒って、スーパーでスペイン・ワインの\ボトルを割る騒ぎまで起きている。

それだけ消費者にとっては魅力があるということだが、機会があればいろいろなワインを味わってみたいと言う人にはピッタリのイベントが「 スペインワインナイト2017 」。昨年初開催で大好評だったことから、2年連続の開催に。生ハムやオリーブオイルなど、スペインが世界に誇る食材の販売もある。

嬉しいのは入場料(前売5000円)にイベントで使用できる金券2500円分が含まれていること。また、スペインワイン協会のホームページから入場料が10%割引になるクーポンも受け取れる。

「スペインワインナイト2017」

【日時】 2017年5月15日(月) 19:00~21:00 (18:30受付開始)

【会場】 八芳園 B1 ジュール
東京都港区白金台1-1-1  TEL:03-3443-3111
(最寄駅/東京メトロ南北線・都営三田線 白金台駅2番から1分)

【入場料金】 前売り5,000円(当日券5,500円)
※入場料金にはイベント内で使用できる金券2,500円分を含む
※金券の追加分を会場内で購入可能
※販売枚数が定数に達した場合、当日券の販売はなし

【主催】 スペインワイン協会
【後援】 スペイン大使館経済商務部

【入場券購入方法】 「Peatix」から http://peatix.com/event/257192/

【10%割引クーポン】スペインワイン協会のFacebookのページの、「スペインワインナイト2017」入場券10%オフの『クーポンを入手』をクリックすると、facebookに登録したメールアドレスに「スペインワイン協会クーポン」のメールが届く。そのメールに「コード」が記載されている。

長野の産地別ワインを手作り弁当と共に楽しむ会【とんでもない20銘柄】

長野県の産地別でワインを20種類比べてみます。いつものようにちょいちょい地質も絡めながらテロワールを感じましょう! 今や手に入りづらい生産者のワインもご提供させていただきます。 そのとんでもないリストは下記に!

今回は手作りお弁当をお出しします。
この会にも来てくれている山崎まりさんが表参道に開店したお弁当屋さん「こぶたや」の手作りちょっとワインアレンジ弁当を楽しんでいただきます。

会費:6,000円
定員:20名予定
申し込み:公開facebookまたはPCアドレスへ

https://www.facebook.com/events/1055018937976153/ mhh03575@nifty.ne.jp

※グラスは一脚準備。並べて飲み比べられたい方はマイグラスを持参のこと

【ワインリスト】まずはドメーヌ・ソガ、メルローの畑違いから感じていただきます。

Domain Sogga Vin Sans Chimie MERLOT Murasaki Numéro Un 2012

Domain Sogga Vin Sans Chimie MERLOT Deuxiéme Murasaki Numéro Un Du Nord 2012

Domain Sogga Vin Sans Chimie MERLOT Murasaki Numéro Quatre Du Sud 2012

Domain Sogga Vin Sans Chimie MERLOT Murasaki Numéro Quatre Du L’Est 2012

そして名だたる生産者のメルロー比較です!

Rue de Vin Merlot 2012

Fanky Château La Première Fois
Merlot 2012 No.77 樽熟成12ヵ月

BEAU PAYSAGE TSUGANE la montagne 2012 (メルロー)

城戸プライベートリザーブ メルロー 2014

VOTANO WINE 洗馬ーK4 Merlot 2012

次にカベルネソーヴィニヨンからフラン

Domain Sogga Vin Sans Chimie Cabernet Sauvignon Murasaki Numéro Trois 2012

Domain Sogga Vin Sans Chimie Cabernet Sauvignon Murasaki Numéro Sept 2012

Rue de Vin Deux Robes Violettes 2012

Fanky Château La Première Fois Cabernets 2012 No.540/832

Domain Sogga Vin Sans Chimie Cabernet Franc Murasaki Numéro Trois 2012

Domaine Oyamada Seba 洗馬 2012 カルベネフランetc混植混醸

ここからいろんな品種を楽しんでいただきます!

Domain Sogga Vin Sans Chimie Tannat Murasaki Numéro Cinq 2012

VOTANO WINE 洗馬ーK4 Syrah 2012

井筒ワイン ピノ・ブラン 2015

fanky Château Strate cassée 2013

Rue de Vin Sauvignon Blanc 2012

以上

いやぁ〜〜楽しみですね!
こんなの飲み比べなかなか出来ません。
奮ってご参加ください╰(*´︶`*)╯♡

優勝者には賞金30万円! ギャルソンレース参加者募集中!

 

【第三回クローネンブルグ杯 ギャルソンレース】

アペリティフは、フランスの食文化が生み出した豊かで粋なライフスタイル。

そんなアペリティフを楽しむ習慣の定着化を目指し開催したイベント

【アペリティフ~Art de Vivre a la francaise~】(主催:フランス農業・農産

加工業・林業省/SOPEXA JAPON)。その一環として例年大盛況のギャルソンレースを今年も開催します!

1930年代からパリの名物となっていた、プロのウェイター(ギャルソン)たちが素早さとバランス感覚を競い合うレースです。優勝者にはクローネンブルグより、賞金30万円(2位:10万円 3位:5万円)が授与されます!

ギャルソン(ウェイター)のプライドをかけたパリ発祥のレース、ぜひ、みなさまご参加ください!

 

≪日 時・会 場≫

■5月21日(日)14:00~(予定) (受付・集合13:00(予定))

■会場:代官山ヒルサイドテラス 旧山手通り往復コース

参加資格:全国のレストラン、及びカフェなどのサービスに携わる方

登録方法:個人

定員:60名 ※1レースあたり3名

≪大会概要≫

1) ルール:歩行または走行で誰よりも早く丁寧に運びゴールします。

2) コース: 旧山手通りの「デンマーク大使館前(信号)」横断歩道~代官山

マンションスクエア前の車道を往復。

※決勝は往復約200mのコースを2往復(約400m)。

3) 服装:所属する店の制服、あるいは白シャツ+ブラックタイ+黒ボトムス

黒革靴(スニーカー不可) 配布するゼッケンシールを着用

4)運ぶもの: 共通のトレイ(底辺寸約368mm / 事務局準備)に、空ビール

瓶(クローネンブルグ330ml)1本、グラス(ビール入り)1個、オープナー

一個を載せる。

5)ゴール時の審査:

・トレイにすべてが揃っているか ⇒ 足りない場合は失格

・ビールがこぼれていないか ⇒ グラスに残ったビールを審査委員長が

判断。 こぼしたビールの量によっては失格。

■協賛: Kronenbourg / 日本ビール株式会社

お申込みはこちら  https://jp.surveymonkey.com/r/GR_17

 

 「アペリティフ in 東京」は5・19(金)~21(日)開催!

アペリティフは、フランスの食文化が生み出した豊かで意気なライフスタイル。そんなアペリティフを楽しむ習慣の定着化を目指し開催したイベントです。入場無料でキャッシュオン制なので、代官山散歩のついででも楽しめます!

 

ちなみに日本国内16都市で順次開催され、運営方式もそれぞれ独自のやり方。詳細は末尾のHPで確認しましょう!

 

「アペリティフ in 東京~Art de Vivre a la francaise~」

【開催日時】 : 2017年5月19日(金) 12 :00~20 :00、20日(土) ・ 21日(日) 11:00~19 :00

【開催場所】 : 代官山HILLSIDE TERRACE

 

【アミューズ(おつまみ)、飲料販売】

スタンド出店(シェフ)※敬称略 ★初出店

・パティシエ・シマ(島田 進)

・セルリアンタワー東急ホテル(福田 順彦)

・青柳(小山 裕久)※5月19日のみ

・レストラン タテル ヨシノ(吉野 建)※5月22日のみ

・Restaurant PACHON(Andre PACHON)

・Le Petit Bedon/Le comptoir Occitan(Andre PACHON)

・エスプリ・ド・ビゴ(藤森 二郎)

・Maison de MINAMI(Dominique CORBY)

・ブールミッシュ(吉田 菊次郎)

・Restaurant MONNA LISA(河野 透)

・Le Pommier (Frederic MADELAINE)

・Wakiya一笑美茶樓 (脇屋 友詞) ★

・EVER BREW(株) デリリウムカフェ

・(株)French homemade kitchen Rotisserieボナペティ

・(株)朝倉商会 ヒルサイドパントリー代官山

・(株)ラック・コーポレーション

※交通系ICカード併用。各シェフの1品は料理写真とともにHPからhttp://www.aperitifjapon.com/tokyo_amuse.html

 

【CAFE ART DECO~ILE DE FRANCE~】

ILE DE FRANCE(イル・ド・フランス)はフランスのチーズのブランド。名前は、豪華客船Ile de France(イル・ド・フランス)が1936年に初めてアメリカに、チーズの「ブリー」と「カマンベール」を輸出したことに由来。船内は当時流行っていたアール・デコ調で統一されていたとのこと。

『カフェ・アール・デコ ~イル・ド・フランス~』は、当時の船内の食堂をイメージ。カフェ内ではエレガントな空間で、ILE DE FRANCEのチーズを楽しめる。

・日時:5月20日(土)・21日(日)11時~よりオープン

・会場:代官山ヒルサイドプラザ

・コンテンツ: ILE DE FRANCEチーズプラトー&ワインの販売/音楽ライブ

 

【Art de Vivre-フランス流ライフスタイル- セミナー各種】

豪華講師陣によるセミナーを開催。アペリティフに彩りを与えるアイデアを伝してくれる有料セミナー。公式HP http://aperitifjapon.com にて受付。

☆アペリティフを楽しむフラワーデコレーション作り 講師:井上 麻佐子

☆アロマとヨガのトータルビューティーレッスン 講師:福貴田 純子

☆世界一のメートルドテルが語る、アペリティフに始まるおもてなし術、世界一のメートルドテルが教える人心掌握術 講師:宮崎 辰

☆芳野 まい~アペリティフに始まるフランスの食とArt de Vivre 講師:芳野 まい、スペシャル・ゲスト:團 紀彦

【第3回クローネンブルグ杯 ギャルソンレース】

例年大盛況! 1930年代からパリの名物となっていた、プロのウェイター(ギャルソン)たち

が素早さとバランス感覚を競い合うレース。

・日時 5月21日(日) 14時~(予定)

・会場 代官山ヒルサイドテラス 旧山の手通り

→レース参加申し込み・詳細はこちらからhttps://jp.surveymonkey.com/r/GR_17

 

【スポンサー】

サヴァンシア フロマージュ&デイリージャポン(株)

ペルノ・リカール・ジャパン(株)

サントリースピリッツ(株)

ANIVIN de France

ベルジャポン株式会社

日仏貿易(株)

CHAMPAGNE BAUGET-JOUETTE

ヴィレッジ・セラーズ(株)

日本ビール(株)

ルノー・ジャポン(株)

(有)エモン トレーディングカンパニー/(株)鳥新

パティス・ガストロノミー協会

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド

(株)クラブメッド

(株)プチバトージャパン

ホアレジャポン(株)

———————————————————————-

公式HP http://aperitifjapon.com

facebook https://www.facebook.com/events/1882362558672867/

———————————————————————-

主催 : フランス農業・農産加工業・林業省 / SOPEXA JAPON(フランス食品

振興会)

特別協力 :代官山 HILLSIDE TERRACE(http://www.hillsideterrace.com/

【4・28 東京・丸の内】 リースリングを満喫しよう!

ぶどうの品種「リースリング」は白ワインの女王とも呼ばれ、辛口から甘でさまざまな味わいのワインが造られています。世界各国のリースングを自由にティスティングできるイベントが「Riesling Ring Tasting 2017」。

今年で9回目。その魅力を存分に味わってみませんか! リースリングをこれだけ飲み比べできる機会はありません。ぜひ味の比較を楽しんでみましょう!

 

◆開催概要◆

【日時】 4月28日(金) 18時半~20時半

【会場】 パレスホテル東京(2階 橘の間)

東京都千代田区丸の内1-1-1 電話03-3211-5211

【参加費】3,000円

【定員】 200人(定員に達し次第締め切り)

※ 参加費は当日受付にて支払い。上記時間内、自由試飲。フード提供はなし

※ 20 歳以上の成人限定。車を運転して来場は固くお断り

【申し込み方法】 サイト内特設ページから登録

http://www.rieslingring.com/tasting2017.html

※登録フォーム https://goo.gl/forms/rV7qD7PS2USw30hA2

【問い合わせ先】

Rieslingfing@gmail.com

 

【残席僅少】ナイアガラを一同に味わう!(3・25、東京・白金台)

【イベント】「高橋千秋プロデュース 新しいナイアガラの魅力を探る会」

【日時】 3月25日(土)18時半~21時(18時開場)

【会場】 「ラゴッチャ東京」(東京都港区白金台4-8-10)

【会費】7,000円(半立席)

【参加方法】 mhh03575@nifty.ne.jpもしくは090-3535-2082へメッセージを

【内容】 ワインの品種の1つ、ナイアガラが日本各地のワイナリーの努力で、洗練されたワインへ変貌を遂げつつあります。培養学が専門で日本酒、ワインの醸造に携わる酒類総合研究所の元研究員、高橋千秋氏が、国内外のナイアガラ・ワインをセレクトしました。自身がプロデュースし、塩尻の高校で醸造したワインも初披露します。白金台で話題の名店ラゴッチャ―東京の料理とのマリアージュをお楽しみください!

【ワインリスト】
北海道ワイン /小樽ナイアガラスパークリング
余市ワイン /余市ナイアガラスパークリング
はこだてワイン /ワイナリーでしか買えないワイン
農楽蔵 /ラロ・フリッツァンテ・アロマティコ
ドメーヌモン /Monpe
エーデルワイン /ナイアガラ
葛巻ワイン /ほたる
朝日町ワイン /ナイアガラスパークリング
高畠 /ナイアガラ
フジッコワイナリー /クラノオトナイアガラ
井筒ワイン /辛口ナイアガラ
志學館高校ワイン /ナイアガラ
城戸ワイン /オータムカラーズナイアガラ
城戸ワイン /オータムカラーズナイアガラブリュット
サンクゼール /ナイアガラミシガンブレンド
河内ワイン /ナイアガラ
熊本ワイン /ナイアガラ
安心院ワイン /ナイアガラ
アームストロングワイナリー /ナイアガラ辛口
アームストロングワイナリー /ナイアガラ甘口
Precious /ナイアガラ

【主催】株式会社United Sake Consulting
(東京都港区虎ノ門3-19-15-1103)