【静岡のお酒を飲み尽くす(9・4、東京・新宿)】

 9月は別名「日本酒月」。いや勝手に名付けただけですが、秋に向けて各地で日本酒イベントが次々と開催されるようになりますね。そう思っただけでも、何だかワクワク。そして都内で先陣を切るのが「静岡県地酒まつり2016 IN TOKYO」。静岡県内18の酒蔵が醸した100種類ほどの自慢のお酒(昨年実績98種類)が味わえるのです。

 

 静岡のお酒といえばフレッシュ&フルーティ、綺麗で優しい香りが特長の食中酒。河村傳兵衛氏が開発した静岡酵母、県の酒造好適米「誉富士」で知られるが、このイベントは各蔵が高スペックの吟醸酒や非売品も持ち込むことでも知られる。

 

 例えば昨年を振り返ってみると、磯自慢酒造は「純米大吟醸秋津常田」(東条秋津字常田40%磨き)、「大吟醸水饗華」(東条小分谷産50%磨き)といった東条特A地区の山田錦で造った美酒と、「愛山純米大吟醸」(吉川産40%磨き)、さらに超・限定酒をズラリと並べた。

 

 開運は「伝 波瀬正吉大吟醸」や「同 純米大吟醸」に全国鑑評会出品酒、富士錦は磨き35%(山田錦)の「大吟醸あらばしり」など。今年の全国新酒鑑評会で金賞を獲得した英君は「今回は発売前のお酒も持ち込みますよ!」と”宣言”しているから楽しみ。

 

 料理は出ないが、各蔵からのおつまみの提供のみだが、この価格なら文句があるはずもない。各ブースでは蔵元、杜氏、蔵人らがお猪口に注いでくれるので、感想や質問をドンドンぶつけましょう。きっと新しい出会いや発見があるはず!

 

【イベント】「静岡県地酒まつり2016 IN TOKYO」(主催・静岡県酒造協同組合)

【日時】9月4日(日)13時45分~16時30分(13時半開場)

【会場】ベルサール新宿セントラルパークイベントホール

(東京都新宿区西新宿6-13-1新宿セントラルパークシティ内)

【入場料】2500円(税込)

【購入方法】インターネットのe+(イープラス)で事前購入。「静岡県地酒まつり イープラス」で検索のこと

【問い合わせ】静岡県酒造協同組合(054―255―3082)。平日9~17時

 

【参加蔵】 白隠正宗(沼津市・高嶋酒造)/富士錦(富士宮市・富士錦酒造)/富士正(同・富士正酒造)/高砂(同・富士高砂酒造)/英君(静岡市・英君酒造)/正雪(同・神沢川酒造場)/臥龍梅(同・三和酒造)/萩錦(同・萩錦酒造)/君盃(同・君盃酒造)/喜平(同・静岡平喜酒造)/磯自慢(焼津市・磯自慢酒造)/初亀(藤枝市・初亀醸造)/杉錦(同・杉井酒造)/志太泉(同・志太泉酒造)/若竹鬼ころし(島田市・大村屋酒造場)/開運(掛川市・土井酒造場)/出世城(浜松市・浜松酒造)/花の舞(浜松市・花の舞酒造)

 

 

【女性は2000円で80銘柄超+α(8・11、東京・渋谷)】


日本酒80銘柄飲み放題と生ハム食べ放題の会」です!

昨年から始まり、今年から祝日になった8月11日(水)、「山の日」、あなたは何をする? 山に向かう人も、海に向かう人もいるでしょうが、お盆ウイークが始まり、きっと高速も抜け道も激込み。こういう時は都内で美味しいお酒を飲みながら、秋のアウトドアのプランニングをしているのが一番!

というヘリクツ(!)を付けたイベントが、これ。特に女性に優しい価格になっているので女性同士、カップルにはお薦めです!

【日時】8月11日(木)16
時~20時半あたり
     ※会の終了後、閉店時(23時半まで)まで飲めますので
     遅れて参加する方も安心です。ただし、
自己責任で
【会場】
アスリートを応援する日本酒飲み放題バー「I LOVE SAKE
    (東京都渋谷区
円山町7-11-2F、03-6452-5039

【募集人数】20人程度
【会費】男性4000円、女性2000

【お酒】日本酒は80銘柄飲み放題(一部、順次開栓)。ビールやカクテルも飲み放題。いずれもセルフです
【料理】生ハム(イタリア産プロシュート)は食べ放題。パン、チーズ。ドライフルーツのプレート。途中、口直しの抹茶シャーベット。食べ物は他にありませんので、何か食べたいものがものは自由に持ち込んでください
【申し込み方法】
アドレス「mhh03575@nifty.ne.jp」に人数と性別をお知らせください
facebookを利用の方は「しみかた ゆうじ」にメッセージをお送りください


font-family:”MS 明朝”,”serif””>

【雄町のお酒170超銘柄飲み比べ!(8・2、東京・椿山荘)】

 酒米を限定した日本酒イベントといえば、この「雄町サミット」は凄い!

審査員が全国で造られた雄町の日本酒から優秀賞を決定した後、一般参加の懇親会では、すべての出品酒を賞味しちゃいましょうという、“雄町酒”を一度に最もたくさん味わえるイベントなのです。

 今年で8回目を数えるが、毎年参加蔵が増え続け、昨年は全国105場から166点の出品が。さらに今年は既に170点を超え、過去最多を更新!

 ご存じの通り、雄町は岡山県発祥の酒米。「ふくよか」「しっかり」「幅のある」という特長(感じ方には個人差あり)を持つ。女性を中心に熱狂的なファンも多く、「オマチスト」というネーミングがあるほど。

 稲穂は背丈が2メートル近くもあって倒れやすく、病害虫にも弱いなど栽培しにくい難点があるが、岡山県自体が瀬戸内海に面して気候も安定していることから、生産量の実に95%が岡山県産。それゆえ、岡山県酒造組合、JA全農おかやま、岡山県酒造好適米協議会が主催する全国のお酒という珍しい存在でもあるのです。

 

【日時】8月2日(火)

15時30分~ 講演会「世界に広がる日本酒

~日本酒の海外市場と“雄町”米の将来を展望する」

        (日本酒輸出協会会 松崎晴雄会長)

17時~ 懇親会(立食形式)

【会場】 ホテル椿山荘東京

(東京都文京区関口2-10-8、03-3943-1111)

【会費】 5000円

     ※チケットぴあ(当日券はなし)

HP

http://home.oy.zennoh.or.jp/topics/2015/09/02/index.html

 

【参考・昨年の優秀賞銘柄】

 

★吟醸酒の部(純米吟醸を含む。審査対象113点)

宮城   大沼酒造店    乾坤一 純米大吟醸 雄町

山形   秀鳳酒造場    秀鳳 大吟醸 奥伝

山形   後藤酒造店    辯天 純米大吟醸原酒 備前雄町

山形   亀の井酒造    純米大吟醸 くどき上手 雄町44

山形   出羽桜酒造    出羽桜 純米吟醸 雄町

山形   小嶋総本店    洌 純米吟醸 秋あかり雄町

福島   髙橋庄作酒造店       会津娘 純米吟醸

新潟   妙高酒造      大吟醸妙高山 雄町仕込み 磨き三割五分

茨城   武勇   武勇 純米吟醸 なごやか

茨城   愛友酒造      愛友 純米大吟醸 備前雄町

茨城   森島酒造      大観 雄町 純米吟醸

栃木   辻善兵衛商店  辻善兵衛 純米吟醸 雄町 槽口直汲み

埼玉   五十嵐酒造    天覧山 洗心無

千葉   滝沢本店      長命泉 備前雄町

山梨   笹一酒造      「旦」 純米大吟醸 雄町

長野   酒千蔵野      川中島 幻舞

静岡   神沢川酒造場  正雪 純米大吟醸 雄町

岐阜   御代桜醸造    津島屋 純米大吟醸 備前産雄町 無濾過生原酒 26BY

京都   松本酒造      澤屋 まつもと 純米吟醸 雄町

兵庫   小山本家酒造 灘浜福鶴蔵    空蔵 雄町

奈良   葛城酒造      百楽門 純米大吟醸45 斗びん取り

岡山   白菊酒造      大典白菊 純米大吟醸 雄町

岡山   平喜酒造      超特撰 喜平 純米大吟 雄町の雫

岡山   宮下酒造      極聖 純米大吟醸 高島雄町

岡山   熊屋酒造      伊七 純米大吟醸 無ろ過生原酒

岡山   嘉美心酒造    備中流 雄町 純米大吟醸

高知   有光酒造場    安芸虎 雄町 純米大吟醸

佐賀   富久千代酒造  鍋島 純米吟醸 雄町

 

★純米酒の部(審査対象53点)

山形   秀鳳酒造場    秀鳳 無濾過 雄町

茨城   結城酒造      結ゆい 特別純米酒

神奈川 大矢孝酒造    昇龍蓬莱 生酛特純 雄町60

長野   大澤酒造      明鏡止水 純米

静岡   磯自慢酒造    磯自慢 雄町 特別純米

京都   東山酒造      龍口水 洛伝

岡山   宮下酒造      極聖 特別純米 高島雄町

岡山   白菊酒造      大典白菊 純米白菊

岡山   菊池酒造      燦然 特別純米 雄町

福岡   高橋商店      雄町 特別純米

大分   中野酒造      ちえびじん 備前雄町 特別純米酒

 

【100種類超の美酒を堪能する3時間!(7・10、東京・北品川)】

日本酒のイベントは数々あれど、ファンの根強い人気を得ている草分け的イベントは「日本酒フェスティバル」。武蔵小山のレジェンド銘酒居酒屋で、日本酒業界のゴッドマザー、川島華真ママ率いる「酒縁川島」が主催する日本酒イベントだ。7月10日(日)に東京・北品川(最寄駅は大崎駅)で開催される。

 

他のイベントにはほとんど参加しなくても、川島さんの会だけは参加するという蔵元もいるなど、まさに「酒縁」を誰よりも大事にしている「酒縁川島」ならではの会。昨今、若者のコンパ会場のようになっているイベントも少なくないが、こちらは自分のペースでゆったりと利き酒できるのが最大の魅力。

 

2016年は6月16日現在で参加蔵元が43、お酒の出品のみが63蔵も。100種類をはるかにオーバーするお酒を全部テイストできなくても、下記のリストから話したい蔵元(蔵人)や飲みたい銘柄を事前に絞っておこう。出品コーナーは自分のペースでゆったりと飲めるセルフ形式なので、メモを取りながらでもいいし、仲間と品評しあうのもいい。

 

【日時】 7月10(日) 昼の回12時~15時、夜の回16時~19時

【会場】 大崎ブライトコア

住所 東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア3Fホール

電話 03447-7130
※JR山手線・JR埼京線・JR湘南新宿ライン・りんかい線「大崎駅」から徒歩5

 

【会費(税込)】

【前売券】各回 5500円、1日通し9000円、ペア券10000円
【当日券】各回 6000円、1日通し10000円、ペア券11000円

【その他】

※各回先着100人に仙台の老舗「あさべや菓子舗」の和菓子をプレゼント!

※各回先着150人に矢野孝徳作陶、利き猪口プレゼント!

※被災地物品のご試食・販売あり

※売り上げの一部を東日本大震災と熊本地震災害の義援金とします

※各蔵元ブースに、お酒に合うふるさと珍味をご用意。仕込水もあり

※サービス酒肴:武蔵小山ネモベーカリーの日本酒に合うパンに、ママのチーズを添えて

※仙台あさべや菓子舗の特製赤飯(先着100人)

※会場内への食べ物の持ち込みは禁止です

 

【チケットの購入法】

  「酒縁川島」店頭での販売(18時半~23時半)

品川区小山4-10-4-102 武蔵小山駅東口徒歩3分

電話0337858806、フリーダイヤル0120853806

  振込の場合はご利用明細票がチケット代わりに。当日、受付に渡すこと

★郵便振替番号00160ー3-80007 酒縁の会事務局

 昼の回/夜の回/1日通し の希望と、必要枚数を振込用紙にご記入

★銀行またはネットから振り込み

郵貯銀行 店番号:019 当座 口座番号:0080007 酒縁の会事務局

みずほ銀行戸越支店 普通預金 2046399 川島酒縁の会 川島孝夫

 (事前に酒縁川島までお電話頂くと確実です)

 

☆【参加蔵元:43場(6月16日現在)】☆

【秋田】 阿櫻/まんさくの花

【山形】 秀鳳/洌

【宮城】 浦霞

【福島】 会津中将/あぶくま

【栃木】 松の寿/東力士/望

【茨城】 来福

【群馬】 流輝

【埼玉】 亀甲花菱

【千葉】 東灘/東魁盛

【神奈川】 松みどり/相模灘

【長野】 北信流/互/美寿々

【新潟】 北雪

【石川】 奥能登の白菊

【福井】 雲乃井

【静岡】 臥龍梅/君盃

【愛知】 白老/奥

【三重】 るみ子の酒

【奈良】 長龍

【和歌山】 黒牛/車坂

【兵庫】 龍力

【鳥取】 千代むすび

【島根】 開春/出雲富士/七冠馬/誉池月

【広島】 本州一/天寶一

【山口】 日下無双/長門峡

【香川】 川鶴

【徳島】 鳴門鯛

 

☆出品蔵元:64場☆

【青森】 陸奥八仙

【秋田】 春霞/一白水成/天の戸/新政/福小町/ゆきの美人/雪の茅舎人/山本

【山形】 あら玉/出羽桜/鯉川/六歌仙

【岩手】 南部美人/浜千鳥/酔右衛門

【宮城】 勝山/一ノ蔵/鳳陽/萩の鶴

【福島】 大和川

【栃木】 旭興/辻善兵衛

【群馬】 町田酒造

【埼玉】 花陽浴

【千葉】 福祝

【東京】 屋守

【神奈川】 いづみ橋

【長野】 川中島幻舞/御湖鶴/積善/十六代九郎衛門/黒澤/今錦/黒松仙醸/水尾/豊賀/瀧澤

【新潟】 鶴齢/真野鶴

【富山】 満寿泉

【石川】 手取川/天狗舞

【福井】 越前岬

【静岡】 志太泉

【岐阜】 達磨正宗/御代櫻/竹雀/小左衛門/房島屋

【京都】 富翁/弥栄鶴

【奈良】 みむろ杉/梅乃宿/篠峯/菊司

【兵庫】 忠臣蔵

【島根】 李白

【岡山】 大典白菊

【広島】 瑞冠/龍勢

【山口】 五橋

【愛媛】 賀儀屋/寿喜心

【高知】 亀泉/司牡丹

【長崎】 六十餘洲

【佐賀】 七田

【熊本】 千代の園

 

【主催】川島酒縁の会 日本酒伝承の会 
【協力】燗酒普及協会
【問い合わせ先】「酒縁川島」
TEL/FAX 0337858806
フリーダイヤル0120858806

【ママからひと言】 「復興支援に一役をと願い、毎月11日に開催している川島復興祭に、ご熱心に通っていただいておりました.「水瀬あやこ」様のお仕事は歌手でした。被災地で慰問活動をしておりました友人に聞いて酒縁川島を訪ねて下さいました。なんと1989年。T BS特別企画ドラマ美空ひばり物語で、美空ひばりさんの少女時代を演じた方。今回、各回で熱唱していただきます」

【今週末は「そばと日本酒」!(東京・代々木)】

今年も次々と新しい日本酒イベントが開催されていますが、
こちらも「そばと日本酒」が楽しめるお初イベント。入場は無料で、そばはチケット制(700円)、日本酒はキャシュオン(たいだい300円~500円)。天気がいい日に散歩がてらで覗いてみては?

 全国から有名なそばと日本酒が集結するイベント「大江戸和宴(おおえどわえん)~大江戸そば博・大江戸大酒会~」が6月16日(木)~19日(日)の4日間、東京・代々木公園イベント広場で開催される。

 「大江戸そば博」「大江戸大酒会」「大江戸タパス」「東北復興支援」「B級グルメ」「物販」「体験教室」の7ブースで構成され、ステージでは書道家のパフォーマンスやご当地アイドル、歌手、三味線などのライブなどが行われる。

 「大江戸そば博」では全国の中でも名高いそば処から遠方でなかなか足を運ぶことができないご当地そばの他、穴場のそば店が揃う。打ち立て、ゆで立ての絶品のそばが1杯700円で提供される。

 北海道の幌加内蕎麦や大根おろしとともに食す福井の越前そば、福島の会津の磐梯そば、長野の信州そば、東京の江戸そば、栃木のにらそばなど約15店舗が出店する

 「大江戸大酒会」では、獺祭・十四代・飛露喜・寫楽・而今・鳳凰美田・香露・タクシードライバー・阿櫻など日本全国から選りすぐりの銘酒が数量限定で出品。他にも日本酒の梅酒や果実酒、スパークリング酒などバリエーション豊かな銘柄約100種類が
1杯300~500円で提供される。

【開催日時】
16日(木)12時~21時
17日(金)11時~21時
18日(土)10時~21時
19日(日)10時~20時
 ※雨天決行、荒天中止

【今週末は「吟醸新酒祭」で垂涎の美酒を!(5・15 東京・有楽町)】

 毎年大人気、日本吟醸酒協会主催の「吟醸新酒祭」が平日の夕方開催から、今年は日曜日の午後と夕方の2部制となりました! 加盟47蔵が3~5銘柄の新酒を持参(昨年は198銘柄)。すべて試飲できるだけに、呑兵衛には至福のひと時。

 酒質は協会の名前が示す通り、各蔵の純米吟醸、純米大吟醸、大吟醸など最高品質のお酒ばかり。さらに鑑評価出品酒や斗瓶囲い、袋吊りの普段ではまず飲めないお酒などが味わえる。米や酵母、磨きの違いなども十二分に堪能できる。


 特に20歳代の学生にも吟醸酒の美味しさを知ってほしいと特別割引が。該当者がいたら、ぜひ誘ってみましょう!

 また、初の試みとして会場内にて「酒器(備前焼・出製陶)」の展示販売するほか、入場料の一部を熊本地震の災害義援金に充てる。

【日時】515()

第1部 13時~15(受付開始12時半)

第2部 16時~18(受付開始15時半)

 

【会場】有楽町・東京交通会館12F「カトレアサロン」

    ※JR有楽町駅前、京橋口、中央口の銀座側

 

【会費】☆当日券3,000円(現金のみ)    ☆20歳代限定学割1,500円(同、各部50人、要学生証)    ※食べ物はなし。持ち込みも不可

 

【問い合わせ】 

電話080-8027-1231

http://www.ginjyoshu.jp/event/16may/index.php

03-6206-0161

【参加蔵元】

岩手県 南部美人、浜千鳥

秋田県 日の丸(まんさくの花)、秋田清酒(刈穂)、天寿

山形県 米鶴、富士酒造(栄光富士)、出羽桜、亀の井酒造(くどき上手)

宮城県 内ケ崎酒造店(鳳陽)

福島県 開当男山、末廣、夢心

茨城県 青木酒造(御慶事)、石岡酒造(筑波)、森島酒造(大観)

栃木県 島崎酒造(東力士)、天鷹

群馬県 龍神酒造(尾瀬の雪解け)

山梨県 山梨銘醸(七賢)

長野県 宮坂醸造(真澄)

新潟県 下越酒造(麒麟)、大洋酒造(大洋盛)、青木酒造(鶴齢)、八海醸造(八海山)

富山県 若鶴酒造(苗加屋)、桝田酒造店(満寿泉)

石川県 吉田酒造店(手取川)

福井県 吉田金右衛門商店(雲乃井)、一本義

岐阜県 御代桜醸造(津島屋)

静岡県 土井酒造場(開運)

愛知県 関谷醸造(蓬莱泉)

兵庫県 西山酒造場(小鼓)、本田商店(龍力)

奈良県 中本酒造店(山鶴)

島根県 李白、月山

岡山県 利守

広島県 今田酒造本店(富久長)、賀茂泉、中尾醸造(まぼろし)

愛媛県 梅錦

福岡県 繁枡

佐賀県 天山酒造(七田)

【日本酒女子の“GW飲み〆”は!?(5・7 永田町「郷酒フェスタ」)】

GWまっただ中、皆様、日本酒とともに順調に予定を消化中のことと思いますが、週明けからの仕事を考えると、最後の8日(日)は内臓を多少休めたいもの。となると7日(土)に“GW飲み〆”をしっかりとしておきたいところですね。そこで日本酒女子&カップルにピッタリのイベントが「郷酒フェスタ for WOMEN 2016」。

3回目となる今回は全国32蔵から150種類を超える日本酒、焼酎などの郷酒を利き酒し放題。マリアージュとなる食事は、美容と健康に良い酒粕の入った料理(酒粕ビーフ、野菜スティック、酒粕プリン、お好み焼きなど)、寿司、チーズ、地方特産品、スイーツなどをキャッシュオンで提供します。

TVやCMソングでも有名なピアニスト、小笠原育美さんとパーカッションの赤羽拓真さん(打楽器、和太鼓奏者)のコラボ演奏や、漫才コンビ「にほんしゅ」、「モテる大人は酒席美人」と題したセミナーも開催。日本酒と酒器の特別な即売会を行います。

前回好評だった、参加者の投票で郷酒のNo.1を決める「郷酒」も選出。ちなみに、「郷酒(さとざけ)」とは「酒蔵のある都道府県内、または半径100キロ圏内で生産された米と水から造られた酒」を指す。

 

【日時】2016年5月7日(土)

☆第1部:12時半~15時 女性、女性同伴の男性(ペア)

☆第2部:16時~18時半 女性限定

【会場】都市センターホテル(東京都千代田区平河町2-4-1)

※東京メトロ地下鉄永田町駅・麹町駅・赤坂見附駅、JR四谷駅を利用

【料金】各部3000円(前売) ※当日券も若干枚数用意

【出展酒蔵】

☆国士無双(こくしむそう)髙砂酒造・北海道

☆菊乃井(きくのい)鳴海醸造店・青森県

☆廣喜(ひろき)廣田酒造店・岩手県

☆天の戸(あまのと)浅舞酒造・秋田県

☆栄光冨士(えいこうふじ)冨士酒造・山形県

☆香梅(こうばい)香坂酒造・山形県

☆弥右衛門(やうえもん)大和川酒造店・福島県

☆自然郷(しぜんごう)大木代吉本店・福島県

☆燦爛(さんらん)外池酒造店・栃木県

☆赤城山(あかぎさん)近藤酒造・群馬県

☆晴雲(せいうん)晴雲酒造・埼玉県

☆木戸泉(きどいずみ)木戸泉酒造・千葉県

☆甲子正宗(きのえねまさむね)飯沼本家・千葉県

☆加賀の井(かがのい)加賀の井酒造・新潟県

☆よしのとも 吉乃友酒造・富山県

☆白龍(はくりゅう)吉田酒造・福井県

☆白馬錦(はくばにしき)薄井商店・長野県

☆初日の出(はつひので)羽田酒造・京都府

☆鳳鳴(ほうめい)鳳鳴酒造・兵庫県

☆福寿(ふくじゅ)神戸酒心館/兵庫県

☆梅乃宿(うめのやど)梅乃宿酒造・奈良県

☆蒼斗七星(あおとしちせい)青砥酒造・島根県

☆酒一筋(さけひとすじ)利守酒造・岡山県

☆瑞冠(ずいかん)山岡酒造・広島県

☆雁木(がんぎ)八百新酒造・山口県

☆鳴門鯛(なるとたい)本家松浦酒造場・徳島県

☆酒仙栄光(しゅせんえいこう)栄光酒造・愛媛県

☆媛囃子(ひめばやし)媛囃子・愛媛県

☆豊能梅(とよのうめ)高木酒造・高知県

☆瑞鷹(ずいよう)瑞鷹・熊本県

☆八重桜(やえざくら)古澤醸造・宮崎県

☆喜界島(きかいじま)喜界島酒造・鹿児島県

※【銘柄名(めいがらめい)】酒蔵名・都道府県順

【券売開始!】(6・18 東京・池袋 「日本酒フェア」)



「日本酒フェア2016平成27酒造年度全国新酒鑑評会公開きき酒会」(長~! 略して「公開きき酒会」)の券売りが、e+、チケットぴあ、JTBで始まりました!
各蔵の鑑評会出品酒を次々とスポイト&お猪口テイストしたい人は「「公開きき酒会」と「日本酒フェア」の共通入場券を購入します。

全国の蔵元と交流し、プチ試飲と何かお酒を購入する人は「日本酒フェア」(当日券1500円のみ)だけでいいかと思います。「日本酒フェア」の第1部は10時半~14時、第2部は15時半~19時。いずれも激込みですので早めに。作戦立てて行きましょう!

【「公開きき酒会」第1部】&「第10回全国日本酒フェア」共通入場券
会場:池袋サンシャインシティ日時:6月18日(土)10時~13時料金:3500円(前売)、4000円(当日)【第2部】&「第10回全国日本酒フェア」 共通入場券会場:池袋サンシャインシティ日時:6月18日(土)15時半~19時料金:3500円(前売)、4000円(当日)

「公開きき酒会」の会場は文化会館4F展示ホールB、

「日本酒フェア」の会場はワールドインポートマートビル4F   
展示ホールA(ほぼ隣みたいなもんですが)

http://www.japansake.or.jp/sake/fair/

【酒-1GP優勝の「紀土」を味わう!】(4・30 横浜)

蔵元と杜氏、蔵人が一体となって美酒を生み出すことで注目されている平和酒造(和歌山県海南市)の「紀土(きっど)」が今月、お酒の神様として知られる松尾大社(京都市)で開催された「松尾大社 酒-1グランプリ」で優勝した。

3回目となる今年は全国から40蔵(約100種類)が参加。来場者(約1000人)は試飲した中で最も気に入ったお酒を出品した蔵に1票を投じた。その結果、グランプリに「紀土」、次いで2位「五紋神蔵」(京都・松井酒造)、3位「月の桂」(京都・増田徳兵衛商店)、4位「山の井」(福島・会津酒造)、5位「天明」(福島・曙酒造)が選ばれた。

平和酒造は「紀土 純米大吟醸 Sparkring」「紀土純米大吟醸(限定酒 be fresh)」「紀土 純米酒」の3商品を出品。山本典正代表取締役専務は「特に今年初リリースした純米大吟醸 Sparkringは直接、お褒めの言葉をいただくことも多く、優勝に大きく貢献したと思います。蔵人たちと共に歓喜し、これからの日本酒造りの励みとして一層よい日本酒造りを目指します」と話している。

その「紀土」は特約店販売(平和酒造HP参照のこと)だが、直近では次のイベントで直接味わうことができる。

 

【YOKOHAMA SAKE ROCK FES.Vol3】横浜君嶋屋の君嶋哲至代表取締役社長らが組む「Mystic Waters」などの7バンドの生演奏を聴きながら、銘酒を味わうイベント。
日時・4月30日(土)17時半~
場所・BAYSIS(横浜市中区常磐町、0452275528
料金・前売2600円(ローソン、e+)、当日3100円。日本酒は1杯300(特価)
参加蔵元・日輪田(宮城)、紀土(和歌山)、竹雀(岐阜)、酔鯨(高知)、播州一献(兵庫)、神雷(広島)正雪(静岡)、米鶴(山形)、乾坤一(宮城)、貴(山口)

【音×酒=夜会2.0(オンシュヤカイ2.0)

日時・5月22日(日)18時~22

場所・和歌山県立近代美術館(和歌山市)

料金・女性2500円、男性3000円(ウェルカムドリンク純米大吟醸、軽食含む)

【明日(4・23)は大森・弾丸ツアーだ!】

熊本地震で被害に遭われた蔵元さんをはじめ、被災者の皆様に、一日も早く笑顔が見られることを祈るばかりだが、あす23日(土)17時~22時、東京・大森のJR大森駅周辺の飲食店では、東日本大震災がきっかけで誕生した日本酒イベントが行われる。

今年で6回目となる「福興◎福島!!大森弾丸ツアー」。2011年3月11日に日本列島を襲った東日本大震災では、福島県は原子力発電所の事故を起因として農業・畜産などの第1次産業が風評被害による大きなダメージを受け、いま回復していない状態。

地震直後、大森駅周辺の3件の飲食店が福島県内の蔵元を招いたチャリティ・イベントを発案、企画して注目を集めた。以降、年々規模を拡大させて開催されている

参加16店舗に、それぞれ1蔵元(蔵人)がやってきて自慢の銘酒を1杯500円で販売。売上はすべてその酒蔵に還元され、地域活性の一助となる。料理も各店舗が福島県産食材などを使った特別料理を1品500円で提供される。
またはアトレ大森1Fイル口前の「ラズ大森駅前広場」では、JA全農福島などの協力で、福島産の美味しい食材を販売する「福島物産 大収穫祭」も併催する。

イベント自体の参加費は不要だが、参加証がわりのオリジナル酒器(預かり金500円)を大収穫祭の会場などで受け取る。そのまま持ち帰り、来年使用してもかまわない。ちなみに、酒器は大森貝塚にちなみ、貝をモチーフとしたデザインだ。

参加蔵と飲食店のタッグは次の通り。公式HP(http://oomoridangan.com/dangan_how.html)の地図で、どういうふうに店を回遊するかを事前に検討しておくといい。

【穏(仁井田本家)×Bistro波ノ上食堂】

【自然郷(大木大吉本店)×酒肴旬彩 たくみや】

【山の井(会津酒造)×地酒と地魚 吟吟】

【奈良萬(夢心酒造)×蕎麦と料理 柏庵】

【一歩己(豊国酒造)×日本酒とワインのお店 ottimo】

【会津娘(高橋庄作商店)×日本料理 仲志満】

【弥右衛門(大和川酒造店)×男の料理と旨い酒 TANIYA】

【ロ万(花泉酒造)×和の酒 T’sBAR】

【会津中将(鶴乃江酒造)×和旬楽酒 楠】

【天明(曙酒造)×季節料理 こばやし】

【あぶくま(玄葉本店)×和彩ダイニング 膳】

【廣戸川(松崎酒造店)×創作ダイニング 凛】

【磐城寿(鈴木酒造店長井蔵)×トラットリア バガボンド】

【星自慢(喜多の華酒造場)×ワインカフェ 月】

【辰泉(辰泉酒造)×串焼き わか】

【榮川 榮川酒造×GLEN Whisky & Cocktail Bar】