【「能」とハーパーさんの「お酒」を嗜む夕べ】(9・21、東京・本郷)

(自分を含め…)飲むことが最大の目的だという日本酒ファンがいる一方、自分の感性を磨き、品性を養うための素材として日本酒を愛でる人もいる。

後者のタイプに、こんな楽しみ方もあるよとお勧めしたいのが、日本の伝統芸能である「能」と「日本酒」がコラボした、能楽師、御厨誠吾氏が代表を務める和氣乃會の「能とお酒の饗宴」だ。

まず、開演前のロビーで、お神酒をお下がりでいただく「振舞い酒」のおもてなしを受ける。お酒は日本初の外国人杜氏として知られるイギリス出身のフィリップ・ハーパー氏が醸した「玉川」(木下酒造:京都府京丹後市)。

開演後の演目は「舞囃子『松尾(まつのお)』」、「狂言『寝音曲(ねおんぎょく)』」、「能『一角仙人(いっかくせんにん)』」

「寝音曲」は、ベテランの山本則俊氏により、愛嬌たっぷりの太郎冠者が演じられる。

「一角仙人」は、官人(御厨誠吾)が仙人(観世喜正)にお酒を飲ませて、閉じ込められた龍神(御厨可也子、馬野桃)を助け出そうとするストーリー。見た目が華やかで登場人物も多く、初めて能を鑑賞する人にも親しみやすい。

日本の神事、伝統芸能と日本酒は、いろんな意味で切っても切れない関係だが、能でもお酒を舞台回しにした演目は少なくないという。もともと非常に親和性がたっぷりある両者をひと時に体験できる絶好の機会といえる。

続いてはハーパー杜氏と御厨氏の対談、「能とお酒~時空を超えて旅するタイムマシン」が。第一線で日本文化を継承する二人の貴重なトーク。開演前の解説と対談の司会進行は、「能登杜氏四天王」をテーマにしたドキュメンタリー映画『一献の系譜』の石井かほり監督。能や両者の魅力を最大限に引き出してくれるはず。お土産にはハーパー氏が醸した日本酒も付き、何ともぜいたくな一夜になりそうだ。

 

◇第二回和氣乃會公演「能とお酒の饗宴」

【日時】9月21日(木)18時開場、18時30分解説開始、18時45分開演

【場所】宝生能楽堂(東京都文京区本郷1-5-9)、電話03-3811-4843

※JR水道橋駅東口3分、都営三田線水道橋駅1分

【入場料】正面席8,000 円、脇正面席7,000 円、中正面席6,000 円、レイトチケット 19:20〜(目処)4,500円  演目は能「一角仙人」& トークイベント、お席:脇正面の後方席限定

※学生、団体10人以上の方は優待が

【申し込み】 https://wakinokai.comから。もしくはFAX (03-3920-2357)

【問い合わせ先】和氣乃會事務局(担当:坂嵜=さかざき) 電話03-6427-0771

 

※下記は渋谷道玄坂にある日本酒専門店「 純米酒 三品」で開かれたプレイベントの模様

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です