今年の「四ツ谷・大長野酒祭り」は7月16日(日)!

四ツ谷から四谷三丁目を(呑兵衛の)紳士淑女が練り歩く、8月最初の日曜、真夏の昼の恒例行事だった「大長野酒祭り2017 in 四ツ谷」が今年は7月に開催されます。常連さんは、きっと「今までより、もっと飲めるな」とほくそ笑んでいるでしょうが、新規参入組はどう攻略すればいいのか? 首謀者、もとえ、主催者かつ実質的な現場責任者の「日がさ雨がさ」の宮澤オーナー店長のお話を交えながら紹介しましょう!

 

毎年4月の大森弾丸ツアーと並んで日本酒の街イベントとしては草分け的な存在です。当初は四谷三丁目の3店舗に長野県内の酒蔵がブースを出しての飲み歩きだったのですが、7回目となる今回は、四谷三丁目と四ツ谷の約30店舗に長野県内の約50の酒蔵さん(ワイン、ウイスキー&ビールも)が分散。

参加者は自分で好きなようにお店を選んで飲み歩きます。各店では各蔵が数種類の日本酒を持参して振る舞ってくれます。それぞれの店舗の自慢のおつまみも用意され、実質的な飲み放題・食べ放題なので、参加費を考えてもとてもお得なイベントです。

 

前売券は①参加店舗か、地元以外の②販売協力店で購入。当日、①の人は購入した店で、②の人は受付会場のレンタルスペース「マグノリアのカエル」で、ぐいのみや地図などを受け取ってスタートします。

「全国的にはまだまだ知られていないお酒が多いので、ぜひ新しい発見をしてください。最近は金紋錦という酒米を使う蔵が増えてきました。発売前の限定商品を持ち込む蔵もありますので、お楽しみに」と宮澤さん。また、酒米を食べてみよう! ということで、信州で生まれた酒米「美山錦」「ひとごこち」「金紋錦」の3種を食べ比べする企画も行うそうです。

 

事前、必ず行きたい店や、ルートを考えておくのもいいでしょう。ただし、「コンプリート、全店を回ろうって考えるのはやめましょうね」と宮澤さん。たくさんの蔵元が参加するイベントではついつい、コンプリート=全制覇、つまり全蔵元のお酒を飲むとか、全種類のお酒を飲もうとしたくなるもの。

考えてもみてください。1蔵3種類のお酒として150種類。お猪口に8分目(30cc)としても4500cc。一升瓶2.5本分なんですから…! いくら5時間という長いイベントだとしても、無理…です。

 

例年、日曜開催で翌日が会社や学校がある人は、ある程度、自重もしたのでしょうが、今年は翌日が祝日…。心置きなく、酔えます。「そりゃ、開放感に浸って十二分に楽しんでほしいですが、実はこのイベント、2011年の1回目から救急車騒動やトラブルなど警察沙汰が一件もない無事故イベントなんです。そこんとこ宜しくお願いします」

冒頭で《紳士淑女が練り歩く》と表現したのは、そういうワケなんですね。中には、電柱と壁の間に頭を挟みながら寝ていた人の目撃情報もありましたが…!

 

直前情報は「大長野酒祭り」のfacebook(https://www.facebook.com/naganosake.yotsuya/?fref=ts)や日がさ雨がさのHP、(「和酒」最前線)で確認を。

 

そうそう、天気がいい場合は帽子を忘れずに。濡らせるタオルなどを持参するのもいいでしょう。それとツイッターを利用している人は当日、ハッシュタグ「#大長野2017」で、「あの酒がヤバい!」「この店すいてます♪」などリアル情報の発信に、ご協力を!

 

【日時】7月16日(日)12時半~17時半

 

【参加費】前売券6000円、当日券

※当日券についてはメールで問い合わせのこと。「日がさ雨がさ」(higasaamagasa@ybb.ne.jp)

 

【蔵元×飲食店】

☆四ッ谷エリア☆

肉屋しるし 「勢正宗」「今錦・おたまじゃくし」

直心(じきしん) 「喜久水・猿庫の泉」「つきよしの」「真澄・みやさか」

和ごころ 「美寿々」「豊賀」

越後屋五郎兵衛「 豊香」「夜明け前」

ゆりかご 「志賀泉・一滴二滴」「高天」

かいのみ別邸 「川中島幻舞」「女鳥羽の泉・善哉」

ひとえwith四季の宿まさき 「佐久乃花」

☆四谷三丁目エリア☆

日がさ雨がさ 「養命酒・ハーブの恵み」「縁喜」

オールザットジャズ 「中乗さん」「北安大國・居谷里」

四谷舟町砂場 「信州亀齢」「浅間嶽」

地酒あさま 「明鏡止水」「本金」

地ビールバーまる麦 「志賀高原ビール」

燗コーヒー藤々 「互・福無量」

佳喬庵くぼた 「仙醸・こんな夜に…」「笹の譽」

志げる 「井の頭」

宵のま 「聖山・風神雷神」

くりや 「和田龍登水」「信濃鶴」

月肴(げっこう) 「黒澤」「白馬錦」「マルスウイスキー&ワイン・南信州ビール」

オステリアT 「高野豊マスターソムリエワインブース」

赤身とホルモン焼き のんき 「笑亀・貴魂」「横笛・yokobue」

離れのんき 「アルプス正宗」「菊秀・無尽蔵」

和乃匠やまもと 「大信州」「和和和」

和食おかもと 「翠露・信州舞姫」「御園竹・十二六」

Talkin’Loud 「十六代九郎右衛門」

コゲボン 「松尾・戸隠」

TORYU 「帰山・千曲錦」「亀の海」

善丸 「斬九郎・信濃錦」「水尾」

美舟(みふね) 「北光正宗」「59醸」+「酒米を食べてみようコーナー」「さかずきんグッズ販売ブース」

 

【前売券販売協力店舗】
信州おさけ村(新橋)/銀座NAGANO(銀座)/鈴傳(四ッ谷)/朧酒店(新橋)/地酒やこだま(大塚)/日本酒宿 七色(北千住)/和酒酔処わく(池袋)/希紡庵(池袋)/海山和酒なるたか(水道橋)/鈴木三河屋(赤坂)/神田神八 本店(神田)/麦酒庵 恵比寿店(恵比寿)/アンダーザツリー(阿佐ヶ谷)/押上文庫(押上)/和酒バールAGI(五反田)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です