【年に1度の「美酒」と「美食」の饗宴!(11・2 東京・五反田)】

 

 今年も海外最大の日本酒イベントがやってきた! それが祝前日の112()、五反田TOCビルで開催される「ジョイ・オブ・サケ」です。

 2001年にホノルルで始まり、今年は7月に開催、さらに9月にはニューヨークで開催され、イベントツアーの最終地、日本での開催ということに。

 まず日本酒は、日本全国とアメリカから計175蔵が参加して、出品酒は実に408種類!

 

 ツアーに先だって開催された「2016年度 全米日本酒歓評会」でグランプリに輝いた御慶事(吟醸部門、茨城県)、雪の茅舎(純米部門、秋田県)をはじめ、大吟醸A(精米歩合40%以下)、大吟醸B(精米歩合5040%)、吟醸、純米、生酛&山廃のコーナーに分かれて、自由にお猪口に移して味わえる。

 そして合わせる料理は、和食はもちろん、イタリアン、フレンチ、スパニッシュ、中華など、国内の実力派14店が提供。会場で火を使って作る特別メニューは、他のイベントでは考えられません。

 飲みきれるか、食べきれるかは、ともかく。「美酒」と「美食」の素晴らしいマリアージュを堪能できることは間違いありません。合わせてフラなどのハワイアン・エンターテイメントを2017ミス日本酒ファイナリストと楽しんだり、いわば、ザ・キング・オブ・日本酒イベントの魅惑の3時間を満喫してみましょう!

 参加レストランは次のとおり。

 

※参加レストラン アルポルト(東京・西麻布)、重慶飯店(横浜)、日本橋逢坂(東京・日本橋)、IL GHIOTTONE(東京・丸の内)、越乃寒梅 Manjia(新潟市)、MODERN Catalan SPANISH BI KiNi(東京・赤坂)、Restaurant Kazu(福岡市)、Beast Kitchen(札幌市)、赤星とくまがい(東京・麻布十番)、箸庵(東京・恵比寿)、薫風(東京・千駄木)、すずや(川崎市)、地酒遊楽 裏や(東京・池袋)、Bricca(東京・三軒茶屋)

 

JOY OF SAKE TOKYO」開催概要                                 

【日時】 112日(火)午後6時~午後9時

【会場】 東京・五反田TOCビル 13階特別ホール(東京都品川区西五反田 7-22-17

【入場料】 8,500

【購入方法】 ジョイ・オブ・サケホームページ(http://www.joyofsake.jp)、チケットぴあ(Pコード:633-297)、イープラス、CNプレイガイド、セブンチケット、一部参加レストラン、一部酒販店にて取り扱い

【主催】NPO 法人ジョイ・オブ・サケ

【問い合わせ先】ジョイ・オブ・サケ東京事務局(電話03-3494-3942

 

※写真の料理は過去の大会のもの。今年もお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です